大手拓次を通販で調べました

            

大手拓次詩集 (青春の詩集 日本篇 12)

価格:1,350円 新品の出品: 中古品の出品:291円
コレクター商品の出品:1,500円
カスタマーレビュー
生と死の交錯する妖しい夢幻世界の実像を,口語自由詩で表現した大手拓次(一八八七‐一九三四).孤独と病魔にさいなまれながら,フランス象徴詩を道標として,詩人は生の証しを詩作に求めた.全作品約二四○○篇から二三二篇を厳選して年代順に配列し,詩人の生涯の営みをうかがえるよう配慮した.散文詩や訳詩も紙幅の許す限り採った. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
大手拓次詩集 (岩波文庫)

価格:741円 新品の出品: 中古品の出品:1,800円
コレクター商品の出品:2,250円
カスタマーレビュー
生と死の交錯する妖しい夢幻世界の実像を,口語自由詩で表現した大手拓次(一八八七‐一九三四).孤独と病魔にさいなまれながら,フランス象徴詩を道標として,詩人は生の証しを詩作に求めた.全作品約二四○○篇から二三二篇を厳選して年代順に配列し,詩人の生涯の営みをうかがえるよう配慮した.散文詩や訳詩も紙幅の許す限り採った.
大手拓次詩集 (世界の詩 28)

価格:518円 新品の出品: 中古品の出品:340円
コレクター商品の出品:51円
カスタマーレビュー
生と死の交錯する妖しい夢幻世界の実像を,口語自由詩で表現した大手拓次(一八八七‐一九三四).孤独と病魔にさいなまれながら,フランス象徴詩を道標として,詩人は生の証しを詩作に求めた.全作品約二四○○篇から二三二篇を厳選して年代順に配列し,詩人の生涯の営みをうかがえるよう配慮した.散文詩や訳詩も紙幅の許す限り採った. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
大手拓次詩集 (現代詩文庫 第 2期10)

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:3,000円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー
生と死の交錯する妖しい夢幻世界の実像を,口語自由詩で表現した大手拓次(一八八七‐一九三四).孤独と病魔にさいなまれながら,フランス象徴詩を道標として,詩人は生の証しを詩作に求めた.全作品約二四○○篇から二三二篇を厳選して年代順に配列し,詩人の生涯の営みをうかがえるよう配慮した.散文詩や訳詩も紙幅の許す限り採った. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
詩人の死

価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:629円
コレクター商品の出品:2,480円
カスタマーレビュー

大手拓次詩集 (1975年) (現代詩文庫〈1010〉)

価格:679円 新品の出品: 中古品の出品:728円
コレクター商品の出品:450円
カスタマーレビュー

大手拓次 (1985年) (日本の詩)

価格:1,080円 新品の出品: 中古品の出品:496円
コレクター商品の出品:650円
カスタマーレビュー

これだけはおさえておきたい スゴい詩人18人イッキ読み(ゴマブックス)

価格:926円 新品の出品:926円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,343円
カスタマーレビュー

東京モノクローム―戸田達雄・マヴォの頃

価格:1,620円 新品の出品:2,700円 中古品の出品:2,480円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
遅れてきた”マヴォイスト”戸田達雄の青春時代 / マヴォイスト達との交流 / 広告図案社「オリオン社」立ち上げまで 関東大震災の後、東京の至るところにバラックが建ち、食べ物を売る屋台店が並んで、焼原野の街に活気を溢れさせたという。銀座通りにも屋台の食い物屋がひしめいたことだろう。十万人以上もの死者が出、街が壊滅したにも拘らず、たちまちそこに活気に満ちた雰囲気が生れる。 「マヴォ」はその不思議なダイナミズムの真っ只中にあったのだろう。(著者「あとがき」より) 本書の内容 第一章 関東大震災の日に 第二章 ライオン歯磨広告部画室 第三章 遅れてきた"マヴォイスト" 第四章 尾形亀之助のこと・「マヴォ」の変転 第五章 広告図案社「オリオン社」 注 戸田達雄略年譜 あとがき 《戸田桂太 著者略歴》 1940年東京都生まれ。 1963年早稲田大学文学部仏文専攻卒業後nhkに入り、ドキュメンタリー番
大手拓次/佐藤惣之助 (近代浪漫派文庫)

価格:1,450円 新品の出品:1,450円 中古品の出品:659円
コレクター商品の出品:303円
カスタマーレビュー
大手/拓次 明治20年、群馬県に生れる。磯部温泉の開拓に功があった家として知られるその業を継ぐことなく、上京して早大英文科に学び、フランス象徴派の詩人の濃い影響下に詩作するなかで、大正元年はじめて北原白秋の「朱欒」に「藍色の蟇」「慰安」を発表、その後も白秋主宰の「地上巡礼」「ars」等に寄せた作品は、空想を挟んだ特異な抒情において萩原朔太郎の眼を留めさせた。同5年以降はライオン歯磨の広告部に勤めて世過ぎとしつつ、詩壇とは孤絶した存在に終始し、自身の詩集を持たず、生涯また娶らないで昭和9年歿 佐藤/惣之助 明治23年、神奈川県に生れる。小学校を卒業すると、商店に奉公に出る間、佐藤紅緑に師事して俳句、小説を学んだのから転じて詩作を始め、大正5年に刊行の処女詩集「正義の兜」に時代の人道主義を歌い上げて民衆派詩人として出立するが、やがて詩風を一変し、生得の明るい感覚を多彩で軽快な表現に盛った作品

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  螟夊憶譛ィ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ蝨  繧イ繝シ繝 蛻カ菴  繧ォ繝シ逕ィ蜩  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 譁ー貎  繧ソ繧、繝、 MPV 譁ー蜩  譚ア莠ャ 蟆る摩蟄ヲ譬。  荳ュ蜿、繧ソ繧、繝、縲雋ゥ螢イ蠎  驥鷹°繧「繝繝励ョ螟ゥ辟カ遏ウ  蠢逅蟄ヲ驛ィ 譚ア莠ャ  謚戊ウ鬘ァ蝠上吶せ繝医励Λ繝ウ繝翫シ縲蜍晉紫  繧ウ繝ォ繝 荳芽廠 荳ュ蜿、  蜷咲ーソ雋ゥ螢イ